エンタメ

六本木クラスの長屋ホールディングスと日本外食産業を比較してみた!長屋HDはどれほどすごいのか?!

今回は、六本木クラスの長屋ホールディングスの企業価値と日本の外食産業を比較してみました。

六本木クラスといえば言わずとも知れた、韓国ドラマで流行っていた梨泰院クラスの日本版です。

梨泰院クラスの人気ぶりに日本版でもドラマ化されていますが、韓国版・日本版ともにどちらも魅力がありますよね~

梨泰院クラスでドラマの流れはある程度把握していますが、六本木クラスをみても次の展開にドキドキしてしまいます(笑)

六本木クラスの長屋ホールディングスですが、長屋ホールディングスの企業価値と実際の日本の外食産業と比べたときに長屋ホールディングスは、どれほどすごいのかを調べていきたいと思います。

この記事で分かること
  • 日本の外食産業は今どのようになっているの?!
  • 六本木クラス長屋ホールディングスの企業価値はどのくらいなのか?
  • 六本木クラス長屋ホールディングスと日本の外食産業を比較してみた

日本の外食産業はどのようになっているのか

2021年の日本の外食産業はコロナ禍にあり落ち込んでいましたが、テイクアウトやデリバリーがあるファストフードなどはコロナ禍でも変わらず好調でした。

その中でもハンバーガーなどのファストフードが好調で、持ち帰りの回転寿司も少し下がったものも大きく変化は見られませんでした。

コロナが流行し、やはりデリバリーやテイクアウトをする機会は増え、その中でも、手早く食べやすくデリバリーやテイクアウトをしたくなるものと言えばハンバーガなどですよね~

思い出すだけで食べたくなります(笑)

これからは対策をしつつ、また前のように楽しく店舗で食事する機会が増えてくれたらいいですね。

六本木クラス長屋HDはどのくらいの企業価値があるの?

梨泰院クラスを見ていた方は、気になって六本木クラスを見ている方も多いのではないでしょうか。

私もその一人です(笑)

六本木クラスの長屋ホールディングスと日本の外食産業を比較する前に、六本木クラスの長屋ホールディングスの企業価値はどのくらいなのかを見ていきたいと思います。

長屋ホールディングスの相川専務が『長屋の株価総額は1000億円を超える』と話していたシーンがあったので、六本木クラスの長屋ホールディングスの株価総額は1000億円ほどというのが分かります。

1000億円という数字だけ見るとすごい・・・となりますが、実際に日本の外食産業と比較すると、六本木クラスの長屋ホールディングスはどのくらいなのか見ていきましょう。

六本木クラス長屋HDと日本の外食産業を比較してみた!

六本木クラスの長屋ホールディングスと日本の外食産業を比較してみるために、日本の外食産業のランキングを出してみました。

ぜひ予想しながら見てみてくださいね。

日本の外食産業ランキング

  • 1位:日本マクドナルドホールディングス 6907億円
  • 2位:ゼンショーホールディングス 5520億円
  • 3位:すかいらーくホールディングス 3483億円
  • 4位:FOODANDLIFE COMPANIES 2790億円
  • 5位:トリドールホールディングス 2551億円
  • 6位:クリエイト・レストランツ・ホールディングス 2057億円
  • 7位:コロワイド 1625億円
  • 8位:吉野家ホールディングス 1614億円
  • 9位:王将フードサービス 1553億円
  • 10位:アトム 1521億円
  • 11位:壱番屋 1474億円
  • 12位:くら寿司 1362億円
  • 13位:サイゼリヤ 1353億円
  • 14位:コメダホールディングス 1073億円

  • 17位:物語コーポレーション 844億円

引用:日本経済新聞より

 

1位から14位までの2022年の日本の外食産業のランキングをだしてみましたが、見てみると知っている会社がたくさん並んでいますね。

日本の外食産業のランキングは1000億円をゆうに超えている会社が多く、驚きます!

六本木クラスの長屋ホールディングスは、1000億円超えということなので、日本の外食産業のランキングを見てみると、17位の物語コーポレーションで844億円となっていて、六本木クラスの長屋ホールディングスは、14位から17位くらいの間になると思います。

このように、実際の日本の外食産業ランキングと比較してみることで、六本木クラスの長屋ホールディングスのすごさも伝わりやすいですよね。

日本外食産業ランキングを打っていて、お腹がすいてきたのでお昼ご飯の参考にしたいと思います(笑)

まとめ

今回は、日本の外食産業についてや、六本木クラスの長屋ホールディングスの企業価値、六本木クラスの長屋ホールディングスの企業価値と日本の外食産業を比較について調べてきました。

日本の外食産業ランキング

  • 1位:日本マクドナルドホールディングス 6907億円
  • 2位:ゼンショーホールディングス 3834億円
  • 3位:すかいらーくホールディングス 3237億円
  • 4位:スシローグローバルホールディングス 3167億円
  • 5位:壱番屋 1695億円
  • 6位:アトム 1648億円
  • 7位:王将フードサービス 1383億円
  • 8位:吉野家ホールディングス 1365億円
  • 9位:コロワイド 1254億円
  • 10位:トリドールホールディングス 1210億円
  • 11位:クリエイト・レストランツ・ホールディングス 1199億円
  • 12位:サイゼリヤ 10206億円
  • 13位:くら寿司 1009億円
  • 14位:モスフードサービス 918億円

このようなランキングになっていて、六本木クラスの長屋ホールディングスは、1000億円越えなのでだいたい14位くらいということが分かりました。

このように実際の日本の外食産業と、ドラマである六本木クラスの長屋ホールディングスの企業価値を比較してみてみるのも面白いですよね。

私もとても勉強になりました。

最後までご覧いただきありがとうございました。